So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

   Number 28

Number28

高円宮杯 順蹴FA 1回戦完敗 [順蹴FA]

高円宮杯 千葉県大会 決勝トーナメント 1回戦

順蹴FA  2 (0-2・2-4)  6  JSC千葉

正に完敗。相手の個人技に屈した屈辱は、次への糧です。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 005.JPG

2012 高円宮杯1回戦 JSC 009.JPG

前半の入りは、相手も順蹴のやり方を確認するような静かな動き。

その中でファーストチャンスは順蹴。 左サイドを歩くんが突破し、右サイドの上がりを感じて、スルーパス。予測通り、右サイドバックの豊くんが走り込み、GKと1対1のスティエーション! 決めきれず。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 014.JPG

最近のゲーム ことごとく、このファーストチャンス それもビッグチャンスを決めきれていません。これは、もちろん先制点というゲームに大きく影響を及ぼすものもありますし、チーム勢いや、自信、相手へのプレッシャーetc 大事です。

その後、相手は、両サイドにボールを配給し、個人のスキルで相手が2人なら自分で、3人なら2人で…と数的な不利な状況をあえて作りながら、その状況を打開することで、今度は、ゴール前の数的有利な状況にボールを運ぶことを繰り返してきます。

特に順蹴右サイドは、執拗な縦へのドリブル突破に晒され、豊くんがCBと平行線上に並ぶような〝下がった〟ポジションにさせられてしまいます。

そうした中、豊くんと対峙したプレーヤーが縦と横のゆさぶりを掛けながら、中に切れ込んで右足一閃 DFにボールが当たったことでコースが変わりGK悠斗くんも反応できず失点。

この場面、中に入ってきたプレーヤーに対して、カバーのポジションに入ることが遅れてしまいました。それも、ゴール前で数的に不利な状況が出来上がり、CBが2人をみることとなってしまっていたために、ほんとうに一瞬遅れてしまいました。

その後、失点で目が覚めたように、歩くんを中心に、耕平くん、彩人くんが相手DFに挑んでいきます。そこにサイドバックが絡んでいきたいのですが、どうしても、外に張り出す相手FWに注意をしないといけないこともあり、遅れてしまいます。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 018.JPG

そうした一進一退の中で、またもや順蹴右サイドからの失点場面と同じようなドリブルに対して、一度は絡め取りクリアーの対処ができる場面であったところを、相手の寄せがはやく、いったん持ち直した瞬間にかっさわれて、再びドリブルを仕掛けられたところをファールで倒してしまいPK。それを冷静に決められて、前半0-2。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 027.JPG

ハーフタイムの三戸代表からの指示は至ってシンプルで、「サッカーの2-0は次の1点で状況が変わること」 「ドリブルに対しては観るのではなく、身体を合わせていくこと」

2012 高円宮杯1回戦 JSC 030.JPG

選手達は、それぞれが確認しながら、次の1点に対して集中力を高めていきます。

しかし、後半開始5分で、その1点が動いたのは相手。大きなサイドチェンジから、ドリブルを仕掛けられ、こぼれたところをミドルで叩き込まれてしまいました。

後半は、滉平くんをボランチに上げて、さとしくんをCBに、右サイドに健太郎くんで、サイドをケアしながら、攻撃の起点を増やし、卓哉くんをFWに入れてスリートップ気味のポジションで機先を制したかったところですが、相手に上手に「開始の5分」をつかわれてしまいました。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 020.JPG

0-3。こうなれば、攻めるしかありません。サイドバックも高いポジションを取り、リスク承知で、まずは追撃点をチーム一丸となって獲りに行きます。

しかし、またも得点は相手。右サイドからのパスミスからのカウンターから、相手のエース格の選手がペナルティエリア内にドリブルで侵入。

CBが対応し、動きを止めたかに見えた、その瞬間にふり幅の小さなチップキックで、GK悠斗くんの頭上を越える芸術点があるなら、10点満点に近いゴールを決められてしまいました。これには、会場から「おぉ~」という感嘆の声が上がりました。

それでも、順蹴選手は、下を向くことなく。今までやってきた練習、三戸代表に教えられてきた〝勢いのあるサッカー〟そして、チームで戦うことにまったくブレはありません。

そうした中で、素晴らしいボール奪取からの速い攻撃で、歩くんからのセンターリングを滉平くんが決めて追撃。

相手ツートップに順蹴CB 勇志くん、さとしくんが対応し、GK悠斗くんが高い位置で〝余りなし〟のポジションで徹底的に高い位置でボールを奪取に行く順蹴。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 038.JPG

その勇敢な順蹴を引っ張るのは滉平くん。〝絶対に歩くんにつなぐんだ〟というチームの気持ちが伝わってきます。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 016.JPG

ようやく、中盤を制することのできた順蹴は、泰輔くんのFKから加点。この泰輔くんのFKも素晴らしいのは高く評価したいのですが、そのファールをとったプレーでの、選手たちのボールへの寄せの速さ、動き出しは練習の成果が感じられました。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 024.JPG

その後、カウンターから2失点 ゲーム終了時には堅守の順蹴が6失点という結果で終わってはしまいましたが、中盤でのボールのせめぎ合いは、順蹴に勢いがあったと感じています。

ゲーム終了後、選手たちは、ゲーム前に抱いていた希望的予測とのギャップ、そして、3年間(まだ2年半ですが…)の順蹴生活の回顧、または自分の不甲斐なさに号泣していました。

結果はうけいれなければなりません。でも、彼らのサッカーライフははじまったばかりです。次のステージで、この経験がどのような形で活かされていくのか…いや活かさなければなりません。

3年生 20名。瑠偉が3年生の時の1年生ですから、ほんとうに小学校を卒業した可愛い頃から、良く知っています。

妙高合宿も3年間一緒に行きました。

ほんとうに気分の良い選手ばかりで、その屈託のない笑顔や、一生懸命さに私はいつもパワーをもらっています。

今日も、ゲームに出場した選手、ベンチで懸命の応援をしていた選手 立場はそれぞれでしたが、目的を共有できていて、素晴らしいグループになっていました。

結果は受け入れましょう。でも、次に活かすだけ。三戸代表がいつも話をしているように『結果だけで一喜一憂していては、次への進歩がない』 それだけです。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 012.JPG

これから高校進学に向けて、受験への取り組み、チャレンヂとなりますね。心配はしていません。きっと、みんなの将来には大きな笑顔で、またサッカーに取り組む姿がみえますよ。

三戸代表 今年も素晴らしいチームをありがとうございました。

3年生 これからです。明るく、朗らかに、そして逞しく。


nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 13

コメント 1

nobuffon

高円宮杯、3年生にとって最後の大会。
いろんな思いが甦り、1試合でも多く試合をさせてあげたいが、結果は無情なことも・・・
ここで得たことを糧に大きく育って行ってもらいたいですね。
by nobuffon (2012-09-30 11:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。