So-net無料ブログ作成

   Number 28

Number28

ブラジル自滅 オランダ ベスト4 [コメント]

W杯南アフリカ大会 オランダvsブラジル

ブラジルの自滅で、オランダがベスト4進出!という感じですかね。

前半は、まったくブラジルのスピードと、展開力にオランダはタジタジでした。特にカカが前を向いてボールを持った時は、オーラが感じられるほど自信をもってプレーさせてしまっていました。

ロビーニョのゴールは、スペースメイクといい、スペースへの入り方、受け方、そしてパスの方向性、位置ともに完璧で、ロビーニョのシュートもGKを良く見てさすがのゴールでした。

しかし、オランダは後半に同点に追いついた後は一変。

同点も、フィリップメロのオウンゴールではありましたが、ロッペンとスナイデルに散々かき回されて、守備陣がアタフタした感じがありましたし、前半の戦いで、どこか油断があったようにもみてとれます。

オランダは、奪ったらはやくロッペンという戦いが徹底されていて、ロッペンもまた期待通り、ボールを持つと果敢にドリブル突破を狙っていっていました。

逆転ゴールも、簡単なCKで、カイトがニアで反らしたボールにスナイデルが合わせたのですが、あの場面もブラジル守備陣はウォッチャーばかりで、ボールへの反応が遅れたばかりか、皆無だったように観てとれました。

最後の場面にいたのも、フィリップメロで、スナイデルの進出にまったく気づいていないように立ちつくすだけでした。

その後遺症なのか、フリップメロは、その後の悪質なファールでレッドカードとなりましたが、本人はすでにパニックに陥っていたのでしょうか、はやくピッチから外れたいという表情だったように感じました。

逆転された後は、ブラジルは焦りっぱなしで、ただただ縦に、ゴールに向かうばかりでクリエイティブさが崩壊してしまいました。

何度も繰り返されたCKも、何の策もなく、ただただオランダの壁に跳ね返されるだけ…、ルッシォ、マイコン、アウベル、シルバといった世界的名手達がただひたすら前に出ていくプレーは、それはそれで迫力はありましたが、もはやブラジルではありませんでした。

2-1 オランダの勝利。これは番狂わせではありませんが、ブラジルの自滅ぶりは何か痛々しさも感じてしまいました。

ドゥンガ監督のもと、ディシプリンを強調し、堅守速攻に生まれ変わったカナリア軍団は、堅実に勝つことはできますが、イレギラーな状況に陥った時のリカバリー力がなかったということでしょうか。

優勝したブラジルの往年の主力には、ドゥンガ本人もそうですが、ロマーリオ、ロナウド、ロナウジーニョと決して優等生とは言えないプレーヤーの存在が、〝何かやってくれる〟期待感を持たせてくれました。

今回のブラジル代表は、どこか品行方正で、形の決まったチームであり、意外性を期待することは期待できないチームではなかったでしょうか。

そのことが、すべて敗因とは思いませんが、ブラジルはブラジルらしいサッカーで、頂点を極めてこそブラジルだということではないでしょうか。

オランダはベスト4で、ウルグゥアイと対戦です。またまた南米の雄との戦いです。これもまたまた楽しみです。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。