So-net無料ブログ作成

   Number 28

Number28

少しはJAPANらしく… [コメント]

TM 日本代表vsイングランド代表

先制点のCKは、見事でした。闘莉王と、ヤットのサインプレーだったのでしょうか?

本戦にとっておきたかったゴールでした。

阿部選手をアンカーに入れたことで、最後の10分以外はものの見事に戦術がはまりましたね。不用意なカウンターを食らう心配もないし、阿部選手は奪った後のボールも振り分けられる戦術眼とキック精度があるのでこれは良いかもしれません。

ゲームの中で、阿部選手をDFラインに入れて3DFも可能であるように見えました。右サイドにCBのバックアッパー今野選手もいたので、CBが4人入っていた…という見方もできますが。

長谷部選手、長友選手も闘っていましたし、ヤットもひとつ上でプレーできることで少し輝いていた感じもしました。

アンカー阿部ちゃんは、岡田監督にとって光明になったのではないでしょうか。でも、80分(70分?)までですけど。

これでイナが戻ってくれば、右サイドにウッチーを入れても、ある程度守れるのではないでしょうか。

攻撃陣は、圭佑選手が、いつ〝本物〟をみせてくれるのでしょうか。軽率なハンドも、評価を下げるだけでなく信頼関係にも影響がでないか心配になるほどです。『口ほどにもない』と言われないよう期待はしています。

オウンゴールのCB 闘莉王、中沢コンビは日本のストロングポイントであることは間違いありませんので、気分転換をして、さらにDF連係を高めて欲しいですね。しかし、後半 J・コールが入ってドリブルを絡められるとDFラインが下がってしまうのはいただけなかったですね。

順蹴も、ドリブルを入れられると、DFが下がって対処しょうという意識がでてしまってやられてしまうことが多いので、みながら、あぁ~同じだ! と思ってみていました。

さぁ、点のとれないFW。大久保は久しぶりに気持ちの入ったプレーを魅せてくれたものの、岡崎、圭佑、森本、玉田で点を取れる雰囲気はありませんでした。

やはり、コンタクトを振るう俊輔がJAPANには必要ですかね。

イングランドは、ルーニー、ランパード、ジェラード、ファーデナント、テリーとWCCFで使うスーパースター達に瑠偉と2人で大興奮。

でも、イングランドもW杯を勝ち取るだけのチームには、まだなっていないような感じがしましたが、あと2週間でしっかりつくってくるのでしょうね。

 


nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 13

コメント 1

りょうかい

個人的な見解ですが、今回の日本代表は長谷部のチームだと思ってます。彼がどれだけ攻守に絡むかという点がチームの浮沈にかかってきますね。FW陣は去年当たりまくっていた岡崎が不調なのが気になります。1本ファーディナンドと競り勝ってGKと1対1になった決定機があり、それを決めていれば岡崎を含むFW陣の評価が変わっていたでしょうね。
by りょうかい (2010-06-01 22:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。