So-net無料ブログ作成

   Number 28

Number28

ワクチンはなし [WCCF]

 新型インフルエンザがたいへんな事になっています。『フェイズ5』という警戒レベルは深刻に考えなくてはならない場面も増えていくのではないでしょうか。

 pandemic(パンデミック 感染症が世界的規模で同時に流行すること。また、世界的に流行する感染症のこと。)になることは、ほぼ間違いないという状況との報道もありますので、引き続き情報に対しては正確に把握し注意していきたいと思います。

 …と、そういう中ではありますが、WCCFをワンクール(1,000円分5ゲーム)遊んできてしまいました。先日、観戦しに行った会場でお会いした方に〝うちの旦那もゲームにはまっていて〟との話しをうかがうことができ、この年でぇ…っと、ちょっと気が引けていたところもあったのですが、気が楽になりました。

 今、ゲームセンターは18時以降は年齢制限があるようで学生の姿はなく、社会人だけで大人の時間んな感じがあってそれも良い感じでした。

 それは、そうと誰か教えて欲しいのです。どうして、突然パスをしなくなるのでしょう。まったくイライラしてしまいます。

 パト(ACミラン)と、トッティ(ローマ)の連携(画面で見ると2人の間が太い線でつながっています。もっと良くなると黄金になるそうです)が良くなっています。パトの個人能力は満点(星の数が6個?)になって今後にも期待です。

 1回目でイグアイン(レアル・マドリード)を獲得したので、そのままチームに入れて後半から使ってみると2点取ってくれました。麻雀ところツモ上がりみたいな快感でした。この2回で2連勝だったのですが、ここから例の〝パスをしなくなる〟症候群発生。迷いは、4バックor3バック もうテンパッテいてどちらにしたらパスをしなくなったのかさえリサーチできず。次のゲームに移るまでの90秒は、〝4or3〟 にかかりっきりで、それこそウィルス感染、ワクチンは見つからずでした。

 4回目でマルチェナ(バレンシア)を獲得。この選手の使い方でまたまた感染。プジョルを使い続けるべきか、マルチェナなのか… はたまたボランチとしてマルチェナを使ったら?といろいろ考えられるところが面白いですね。今日の結果は2勝2敗1分。なかなか貯金ができません。

 さぁ、順蹴 週末はクラブユース選手権決勝トーナメントに向けた戦いです。瑠偉は、アレルギー性鼻炎が突然悪化してしまったようで、今日の練習を休んでしまいました。体調回復に取り組んで週末を迎えたいですね。

 昨日のカナリーニョとの練習試合は、結果としては上々だったようです。瑠偉はボランチとして出場し5回のゴールチャンスを5回とも外してしまったことを反省していましたが、トレセンでの不甲斐なさを少しは感じていたのかなぁ。


ダブシー 再デビュー [WCCF]

 〝ダブシー〟と皆が合言葉のように唱え、瑠偉も小学校4年生頃から楽しんでいるゲームセンターの中で、アーケードゲームと呼ばれるカテゴリー カードを駆使して遊ぶサッカーゲーム WCCF を楽しんできました。

 主に海外のプロサッカー選手がカードになり、自分達の思い思いの選手を配置してチームを作り対戦して遊ぶのですが、瑠偉が小学生の頃は、休日に良く連れ立って遊びに行ったものです。その頃は私もけっこう強いチームを作って(…とは言っても瑠偉には勝てませんでしたが)、はまっていました。お気に入りの選手のカードを購入しに千葉鑑定団に通ったりもしました。

 このWCCFは今では大流行なのですが、瑠偉がはじめたのはゲームができばかりの頃でしたので今では高値で売り買いされているカードをもっているので順蹴のダブシー愛好者の中でも一目置かれているようです。

 私は瑠偉のコレクションから少し失敬してチームを組んでいきました。中心は〝ローマの王子〟トッティと、神童パト(ACミラン)、天才ガーゴ(レアル・マドリード)。そしてゲームを進めていくにおいて1ゲーム1枚ずつ配布されるカードでチームを強化していくプランを建てていきました。

 なかなか面白い。トッティに渡ればゴールしてくれるのですが、なかなかトッティに繋がらずイライラもしますが面白い。DFはプジョル(バルセロナ)を中心に3バックにしたのですが、まったく機能せず失点の嵐。気がつけば2連敗からのスタートとなってしまいました。

 しかし、この2回でデ・ロッシ(ローマ しかもキラ)、アルベロア(リバプール)を獲得し3試合目で初勝利(トッティのハットトリック)、ここでエブラ(マンU)を獲得。これで3バック、2サイド、2ボランチが完璧に揃い俄然のめり込んでしまいました。

デ・ロッシ.jpg←キラのデ・ロッシ 青生君も垂涎

 4試合目では、パト―トッティで得点するも、自慢のDFとボランチがなぜかパッタリとパスを出すのを止めてしまい、ただひたすらドリブルをしては奪われ、カウンターに合い同点で終了。なぜ、なぜドリブルなの?

 3バックを左からバン・ブイテン(バイエルン)、プジョル、ジェトゥー(パルマ 2002年のカードです)に代えて最後の試合に臨むと見事、パスワークが復活。スーパーサブに起用したアグエロ(アトレチコ)の活躍もあり快勝。1,000円で5試合2勝2敗1分で終了。とても楽しい一時で、また時間を見つけて遊びに来たいと思います。

 順蹴の中では、青生君、健吾君、優輝君、裕太君が合宿にもカードを持ってきて戦術を練るなど、熱心なようです。どうやら裕太君が一番強いとのことですが…。瑠偉はそれほど興味は大きくはないようですが、時折部屋でカードを並べては思いを巡らせているような事もありますので、今度また誘ってみようかなぁと思ったりしています。

 順蹴 明日はレイソル長生との練習試合で白子遠征です。コンビネーションをバッチリ磨いてきて欲しいと思います。そして、新1年生は初めて上級生の試合を観る機会になります。上級生としての威厳を魅せられる立ち振る舞いも大切ですね。瑠偉は何しろボールを奪った後の判断と正確な技術の発揮のレベルアップを期待したいですね。練習試合ですから失敗を恐れずガンガンやってきて欲しいです。

 私は天候によりますが、午前中は南部中vs四街道中、午後は敬愛高校Gでのジョカトーレのゲームを観てみようかなぁと計画しています。雨のときは、ダブシーにでも行ってみようかと思います。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。