So-net無料ブログ作成

   Number 28

Number28

順蹴 3年生 受験生にPowerを! [順蹴FA]

順蹴FA 高円宮杯 千葉県U-15 1部リーグ 第3節

順蹴FA vs 三井千葉SCは、0-0のドロー

これで、2試合連続の無失点無得点ドローで勝ち点を積み重ねることができました。この1つひとつが後々大切な意味をもってきます…逆に言うと、ここで〝3〟ではなく、〝1〟に終わってしまったとならないような、この後の戦いをしなくてはなりません。

この年代 〝勝ち負けだけではない〟とは言いますが、〝勝利を目指すこと〟は大切で、そのゲームで、〝いかに失点しないか〟 〝いかにゴールをこじ開けられるか〟をチームが一丸となって取り組める雰囲気をこれから創っていきたいですね。

まだリーグ戦が始まり、ゴールを記録していません。ここにチームとしてのトレーニングポイントがあります。

特に、FW  三戸代表からの報告メールだと「ビビッて」という えっ!と思うようなコメントもありました。普段からの練習ですね。『練習でできないものはゲームではできるはずがない』 三戸代表がいつも話をしていることです。

ゲームでやれる自信をもてるようトレーニングしましょう。次節は同じ地区のライバル PBJ千葉戦です(3月3日 松戸南高校G)。

中3の子たちは、受験まっただ中で、公立高校の前期試験を終え、19日が発表日です。今日はしびれる1日になりますね。

まぁ、そんな順蹴FAの最上級生たちに少しでもPowerを! と思い少し早いのですが、私の秘蔵写真を編集致しました。すでにFaceBookでは、ご披露させて頂いていますが、皆様にもご覧頂こうと思います。

第10期生となります20名。うちの瑠偉が中3の時に新入で入ってきて1年間は一緒に戦ったメンバー…もっと言うと、瑠偉の最後の直の後輩となります。

可愛かった1年生の時から、逞しくなった3年間を…なんて思っていましたが、まずは、今シーズンとしました。

ほんとうに、やんちゃで、好奇心が強く、そして、チャレンジ精神が旺盛な子たちです。

クラブの関東大会に2期連続出場を果たせた力は、各々のそんなサッカー大好きな気持ちからだったと思います。また、この子たちは歴代の中でも、特に三戸代表に怒られ続けました…いやいや、今話題になっているようなことではなく『順蹴愛』を注がれました。

まだ卒業まではグラデュレーションカップもあり、順蹴の一員です(いや、卒業しても、先日は瑠偉の呼びかけで多くのOBが集まり、この春休みも多くのOBが訪問してくれるようです)。

これまた、7年前に順蹴FAの学生コーチをして頂いていた金子典之〝先生〟が、突然 奥さまを連れて順蹴の練習に顔を出してくれました。

〝ノリコーチ〟と親しまれ、ジュニアユースの子たちには〝鬼走りのノリ〟と恐れられたコーチでしたが、今は伴侶を得て、中学校教員として、野球部の顧問をしているそうです。

学生コーチOBも、ぜひ顔をみせてくれると三戸代表も、私も、加藤錬ヘッドコーチも嬉しいです。

最後に、順蹴 2013の主力 現2年生の親御さん達が懇親会を開いてくださいました。

沖縄料理の店を貸し切っていただき、とても楽しい一時でした。ちょっと写真の容量が大きくて、Up出来ませんでしたので、こちらもFaceBook に掲載しておきます。

その中で、順蹴の子たちに対して、①順大グランドまでの自転車の乗り方 ②順バスや、お借りしたバスの使用後の清掃についてご意見を頂きました。

自転車は、昨年 事故が起きたこともあり、再三声掛けはしてきたのですが、最近また意識が低くなっているようです。特に練習後は、時間も遅く、電車の時間などで急いでいる子たちもいます。でも、しっかり安全を確認しながら、けが、事故なく通うことができるよう、これからも声掛けをしていきます。

掃除ですが、親御さんからは、「掃除をしている選手が固定されているのではないか」というお声がありました。順蹴では、「誰がやる」のではなく「誰が気づくか」の視点で順バス等の掃除も選手達の自主性を重んじた取組みとなっています。

私たちは、誰がやっているのか は、当然知っています。やはり、その選手はチームの主軸を担う子たちです。逆に参加が少ない子たちは、トレーニングやゲームでも一人では判断が難しいんだなと思える子たちです。

「おい 〇〇ばかりがやっているぞ」 なんて声掛けは簡単ですが、そこから動き始めるのでは、やはりその子のどの部分が動いたか明らかで、次につながりづらいと思います。

やはり、ここは、「誰がやる」のではなく、「誰がきづいて自分から動けるか」を観ていきたいと思います…でも、あまりにもやらないようだったら、そこはちょっと「指導」が入るのかもしれませんね。

さぁ まだまだ寒い日が続くようです。お身体ご自愛ください。

順蹴夜錬は、本当に凍てつく寒さ、寒風の中 元気に練習をしています。皆さんの応援よろしくお願いいたします。


nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

順蹴FA 成長に向けて百打一音です。 [順蹴FA]

久しぶりの更新となってしまいました。

順蹴情報は、FaceBookからご覧いただける機会が増えてしまっています。こちらもお寄りください。

さて、順蹴FAの前に、愚息 瑠偉情報…親バカですね。

正月返上での〝全国制覇〟の練習から、学校の入試期間を利用し束の間の帰省。

同期と後輩に声を掛けて、〝順蹴ナンチャッテ オールスターズ〟を結成し練習に参加…いや勝手にゲームをして盛り上がっていました。

雄太郎コーチ、貴紀コーチも参加してくれ、とても楽しい時間だったようです。

その他は、私の財布、嫁の財布におねだりでしたが、まぁたまにだからとバカ親でした。

でも、祖父母に会いに行ってくれたり、まぁ良い環境で高校生活を送れていることが伝わってきます。ありがたいですね。

今は、またまた怪我をしたと連絡があり、辛い日々に逆戻り…かと思っていたら、〝審判資格とるよ〟と素早い切り替えで、『そんで、時計買ってくれない?』と新たなオーダー。

まぁすぐに送りました。G-SHOCKの最新モデルを! 大甘ですね。

さぁ、順蹴FA 情報です。

まずは、公式戦。

高円宮杯 千葉県U-15 1部リーグ 第2節

順蹴FA 0-0 フッチSC

今年のトップチームの主力 現2年生たちは、昨年のU-13 1部リーグでは、1つの勝ち点を獲ることもできず『勝ち点0』の屈辱を味わいました。

県リーグ2013 フッチ 013.JPG

その後も、そのことを何とも思っていないようなのんびりとした練習風景、ゲームを重ねてきていましたが、新春合宿の頃から少しずつですが、自覚が出てきた感じがあります。

初戦こそ、今までの彼らが何も変わっていない、変わろうとしていないのかなぁという敗戦でしたが、このゲームはしっかりと戦えていました。

県リーグ2013 フッチ 014.JPG

さぁ、一歩目はでました。次を目指すのですから、『1+1=∞』の順蹴イズムを徹底、定着させるしかありません。

県リーグ2013 フッチ 023.JPG

全員でやりましょう。まずは、練習からです。〝練習でできないことは、ゲームではできません。〟

そのトップチームにガンガン 入ってきて欲しい順蹴U-13。こちらも、またのんびりな雰囲気のチームです。

従来の順蹴の選手たちは、擬音で言うと〝ガツガツ〟だったのが、この1年生、2年生は〝のほほ~ん〟な感じ。

仲間で言い争うとか、情熱を持って文句を言うなどの場面は見たことがありません。まぁ仲良しではあります。

そんなU-13は、千葉県U-13選手権大会に挑みました。

地区代表決定戦は、ホームの順天堂大学グランドで、先輩 登太くんの弟が所属する佐倉東中学に結果的には大勝しましたが、内容は、〝ボールが来たらプレーをする〟何とも、動きのないゲームになってしまいました。

帰省していた瑠偉もこのゲームを観戦しましたが、感想は〝動かない〟後輩たちの戦いに大不満だったようです。

その後、千葉県U-13 2部リーグでは、今までサブに甘んじていた選手が奮起して、少し動いてきた感じのある勝利を手繰り寄せたので、自分たちのチームの状態を少しは感じてくれているのだなぁと思ってみていました。

順蹴23 008.JPG

そして、本大会1回戦 相手は、暁星国際中学 松原良香監督が率いる質の高いサッカーをするチーム。相手にとって不足なし!

U-13選手権 暁星国際 010.JPG

前半 風下の順蹴。

暁星の10番 ボールへの反応、対応が良く、オン、オフともにクオリティの高いプレーヤー。この選手と、FWの2人が非常に危険な感じです。

順蹴は、ゲームの入りこそ、三戸代表の指示も通らないほど浮足立った感じがしましたが、徐々に力強いプレーと判断の速さを意識してくれた選手たちが、相手に動き負けることなく対応でき、そして自分たちからチャンスを創りだすこともできるようになりました。

U-13選手権 暁星国際 017.JPG

GK、DF陣もしっかりと危険な3人を常に意識しながらゲームを進めていき、前半0-0。

U-13選手権 暁星国際 013.JPG

後半風上になり、さぁ 行くぞぉ! がチームのバランスを微妙に崩したのか、いやいや〝走りきれない〟チーム体力がまだまだ足りませんでした。

交代で入った選手の意識もまだまだです。交代で入ったら、チームに「力」を絶対に加えて欲しい。いやいやそうしなくてはいけなのです。

順蹴に居るだけで満足、その立場がマンネリにならぬよう、自分から刺激を求めていく姿勢。もう、2年生になるのですから欲しいです。

結果 2失点 1点はDFの真ん中をパスで通され、もう1点はCKをニアのフリーの選手にヘディングで決められた、なんとも納得できない、残念な失点でした。

U-13選手権 暁星国際 018.JPG

ゲーム後は涙を流している選手もいましたが、ちゃらっとしている選手もいて、チームがどの方向に向いているのか、まだまだ団結心 こころが育っていくことを練習からやりましょう。

トップチームにも何人か…本当に何人かが入れるようになっては来ていますが、もっとガツガツ 自分を高めていく意欲、意識が欲しいのですが…確かに成長はしていますので、こちらもまずは練習からですね。

最後に、来春から順蹴FAに加入する選手達の説明会を開きました。

説明会 021.JPG

4月から34名の選手たちが順蹴の仲間になります。

説明会では、3年間 自分と成長する背番号も決まりました。例年 希望番号が重なり、決定戦(じゃんけん)になるのですが、決まった背番号と一緒に、逞しい、こころのある選手になってくれること期待しています。

保護者の皆様も、全員参加してくださり、三戸代表から順蹴FAの運営コンセプトや、年間スケジュールの説明を熱心に聞いて頂いていました。

説明会 020.JPG

保護者の皆様も順蹴FAの仲間です。子どもたちの成長を一緒に見守りましょう。

そして、楽しい時間(呑み会?)も過ごせたら良いですね。よろしくお願いします。

私は、1月24日で46歳となりました。

誕生日には、順蹴FA 三戸代表、学生コーチにもお祝い会を開いていただき、ほんとうに このぉ 幸せものぉ! と自分で自分に突っ込みました。


 愚息からも、〝土が入っているバックを持ち歩いている〟と憐みのメッセージが入ったバックをプレゼントされました。


 三戸さんからは、〝ハンドルにハンドルカバーのサイズが合っていない〟とハンドルカバーと〝主審ゆってたら、時計の電池が切れたといってきたから〟と時計を頂きました。

順蹴23 012.JPG


 このプレゼントの質から行っても、私が一人では生きていけないのは明白ですね。
皆さんの支えがあり、歳を重ねられている自分を改めて感じました。


 みなさん 本当にいつも ご迷惑をおかけしていますが、どうぞこれからも迷惑を迷惑とは思わず、お力をおかしください。

524363_334706293286035_1603176963_n.jpg


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。