So-net無料ブログ作成

   Number 28

Number28

八千代の1回戦は立正大淞南に決定です。 [コメント]

全国高校サッカー選手権大会の組み合わせが決まりました。

母校 八千代高校は、1月2日 フクアリで、島根県代表の立正大淞南との対戦が決定しました。

立正大淞南はインターハイでは3位となっている強敵ですが、千葉県を制したプライドと、勝負強さを発揮し勝ち切ってくれると思います。

1月2日 私も会場で応援をしちゃいます。

20121111211311.jpg

さて、選手権の一方で、千葉県の高校サッカーは、新人戦が開幕しました。ブロック予選を戦っている所ですが、ここでも全国を目指すチームと同じくらい熱い気持ちで、県大会出場を目指す戦いがあります。

白井高校 002.JPG

私の勤務する千葉県白井市の内の唯一の高校 白井高校も県大会出場に向けて、そして、県大会での勝利に向けて練習を積み重ねているチームです。

先日、ブロックの代表決定戦が行われ、そのゲームに快勝して県大会出場を決めました。

〝ヘディング〟に対して特に練習を重ねてきたチームですので、このゲーム中も、ヘディングでの競り合い、はね返しは逞しいものがありました。「チームの色」として、まだまだ満足することなく精進していければ、新シーズンのインハイ予選、選手権予選は、県大会出場の上の目標が持てるチームになれる予感があります。

白井高校 004.JPG

頑張れ! 白井高校サッカー部

順蹴FAのOB達も高校サッカーに挑み、そして充実した毎日を送り、近い将来 チームの主力となり活躍することを確信して取り組んでいます。

瑠偉は、手術した部位もほぼ完治し、福島県大会での敗北を糧に「全国制覇」を掲げるチームにどんな形であれ貢献できるよう頑張っているようです。

先日は、修学旅行でL.Aに行ってきたとのことで、お土産を買ってきてくれました。

昨年度の順蹴卒業生 現高校1年生とは、それぞれの高校のグランドで会う機会がありました。

慧くんは、トップチームでの活躍もあるようで、余裕を感じるプレーを魅せてくれていましたが、最後のPKで簡単に失敗…ん~変わっていません。でも、ボールの持ち方、パスの質にこだわる感じは良いです。

順蹴3 012.JPG

剛士くんは身長が伸びたものの、線の細さは相変わらず。サイドバックを担当していましたが、大胆さがないのは、こちらも変わっていません。足元の技術は相変わらず高いものがあるので、これから経験を積めば化ける可能性を感じました。

順蹴3 001.JPG

向太くんは、センターバック、サイドバックで出てましたが、こちらも変わらずテンポが変えられずにいました。身長も伸びて、これから筋力がつけば「鉄壁」のディフェンスの一員になれる可能性は大きいと思います。

白井高校 021.JPG

大貴くんは、中盤でキープと球離れの速さを状況を感じて使い分けるプレーを魅せていました。相変わらずポカがあるのですが、運動量も確保できているし、ダイナモとして活躍できる感じがしました。身長がもう5㎝欲しいところですかね。

白井高校 016.JPG

瑠偉と同期の選手も、選手権千葉県予選のプログラムには崚太くん、舟くんが写真付で見当たりました。その他の戦士 恵汰くんはトップチームに上がれそうだとのこと、鉄郎くんは選手権決勝の会場で挨拶に来ました、朋哉くん、貴大くん、コニもトップチームで戦っているとのこと、新シーズンはますます楽しみです。

順蹴U-13は、千葉県U-13 1部リーグ 第7節を戦いました。

順蹴U-13  0-8 アブレイズ

大量失点での敗戦は、課題が山積みです。それでも、その夜練では、表情が変わったという選手が見つからず、思わず大きな声をあげてしまいました。

これで3勝3敗1分となり、後2節となりました。残りゲームは勝ち切れるよう毎日の練習から個人のレベルアップ、チームとしてのレベルアップに努めましょう。

12月中旬には、千葉県U-13選手権大会のクラブチーム予選が計画されました。

昨年度は7年ぶりのブロック落ちとなり県大会を経験することなく終わってしまいました。勝つことだけが全てでありませんが、勝利に向けて何が必要かを感じる力は是非身につけて欲しいと思います。

順蹴フットボールアカデミーでは、来シーズン一緒にサッカーを通して逞しさを身につけていく仲間を募集しております。

12月8日(土)、10日(月)には、セレクションを計画しております。

是非、順蹴HPからご確認いただき、多くのサッカー小僧が順蹴の門をたたいてくれることをお待ちしております。

550364_501922953160090_332236785_n.jpg

nice!(15)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

八千代高校 全国高校サッカー選手権大会出場決定! [コメント]

全国高校サッカー選手権大会 千葉県予選決勝

〝母校〟八千代高校 PK 3-2 (0-0・0-0 延長0-0・0-0) 流通経済大学柏高校

八千代 流経柏に勝利 004.JPG

八千代高校 優勝! 全国高校サッカー選手権大会出場決定!! おめでとうございます。

八千代 流経柏に勝利 012.JPG

戦いは、お互いのリズムの奪い合い。少しでも油断した方がボールを優位に運ばれてしまう緊張感のある好守の継続。

八千代 流経柏に勝利 020.JPG

それでも、八千代は、ボール際の執着、出足の速さで下馬評は断然優位の流経柏に互角にやりあいます。

八千代 流経柏に勝利 028.JPG

何回か訪れたお互いの決定機も、両チームのGKのファインセーブで延長戦に。

八千代 流経柏に勝利 043.JPG

延長戦では、ボディブローのように流経柏のサイド攻撃が効き始め、八千代の両サイドバックが足を攣っているようなシーン、CBも足にきているのかなぁと心配になる場面の連続となるものの全員の力、応援の力、伝統の力で守りきりPK戦突入。

八千代 流経柏に勝利 043.JPG
八千代 流経柏に勝利 055.JPG
八千代 流経柏に勝利 065.JPG

延長戦の終了のフォイッスルを聞いた選手 八千代は、お互いの健闘をたたえ合い笑顔の抱擁、流経柏の選手たちは、満足していない表情が観客席からもわかります。

その充実感と、喪失感が、PK戦でのモチベーションや、筋肉の微妙な疲労感になったような気がします。

PK戦を終えた選手たちは、応援席に全力疾走。

八千代 流経柏に勝利 067.JPG

八千代 流経柏に勝利 072.JPG

八千代 流経柏に勝利 082.JPG

八千代 流経柏に勝利 076.JPG

選手達を支えた応援席も最高でした。

八千代 流経柏に勝利 099.JPG

さぁ、全国大会に〝オレンジ旋風〟をお届けです。

合言葉は〝全国制覇〟

八千代高校サッカー部 優勝 おめでとうございます。

全国大会で、皆さんにお会いできること楽しみにしています。

八千代 流経柏に勝利 003.JPG

私は、順蹴FA 三戸代表、選手達と柏の葉総合競技場で八千代高校の優勝を体験しました。

私の入場は、三戸代表と役員入り口。ピッチレベルで決勝戦前の雰囲気を感じることができました。

三戸代表を見つけた役員の皆さんは全員が挨拶と談笑…その後、三戸代表は、初代八千代高校監督 青木先生と貴賓席で観戦でした。

私もIDカードを首から下げさせていただき、なんとなく良い心地でした。

順蹴FAの選手たちも、この決勝戦を観戦して感じてくれたことは多いはずです。

3年生達は、来年は自分たちが戦うステージでの夢を、2年、1年生は明日から自分がやるべきトレーニングをきっとイメージしてくれたことと思います。

明日からの練習がまた楽しみです。


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

千葉県 決勝は八千代vsリュウケイです。 [コメント]

全国高校サッカー選手権大会 千葉県大会は、準決勝の結果がでました。

流通経済大学柏高校 1(PK 4-2)1 市立船橋高校

八千代高校 2-1 柏日体高校

前回のチャンピオン イチフナが敗退です。 このゲームを観戦に行った方からは、〝死闘〟と表現していました。

6071.jpg

イチフナが前半で先制するも、様相は攻めるリュウケイ守るイチフナ が激しく続き、後半ロスタイムで、リュウケイが追い付いて、延長にもつれ込み、PKの末 リュウケイが決勝進出を決めたしびれるゲーム。

順蹴FAのOB イチフナの拓也くん 出番はありませんでしたが、まだ瑠偉と同じ2年生。新チームでの活躍を期待です。

八千代は、前半に気持ちの入った攻撃で、2点を先行。前半のうちに1点返されるものの、守りきって決勝進出です。

20121111211311.jpg

パスサッカーが信条の八千代ですが、〝勝利〟に向けて泥臭いプレーもできるのが伝統でしょう。1点目は、アバウトにサイドから入れたボールに対して長身 FW 附木くんがGKとDFの間に入り込み頭を出しての得点。2点目も、クリアーボールを右サイドで拾ったレフティの永戸くんが左足を振りぬいたボールがGKの頭を越えてのゴール。気持ちで獲った2点でした。

順蹴キッズ出身の八千代 涼くんは出番なしでしたが、決勝では勇士が観たいものです。

順蹴OB 源太郎くん、宏輔くんは応援で声を張り上げている様子がTVに映りました。できることを一生懸命にチームのために。

八千代 vs リュウケイは、今年のインターハイ千葉県予選 決勝の再戦となります。インターハイではリュウケイの勝利でしたが、今年は〝八千代の年〟です。3年振りに全国に行きましょう。

5727.jpg

尚志高校が全国に来ないことになって、楽しみ、期待は母校 八千代です。18日の決勝戦ん~熱戦必至です。

順蹴FA は、U-13が東葛フレッシュマンズリーグの2次リーグ。

柏レイソルA.A野田と対戦に、野田市桜の里グランドに行ってきました。

順蹴V 001.JPG

瑠偉が順蹴在籍時に行ったきりでしたので、3年振りくらいに行きましたら、まぁ素晴らしく整備されていて、驚きました…いや羨ましくなりました。

照明付、駐車場完備のグランドは、水はけも良いとのことでマイグランド 順蹴も欲しいです。隣は、大型スーパー、コンビニまでできていて、ゲームをやっていても、ちょっと観に行ける環境です。

さて、ゲームは、順蹴エントリーの2チーム ホワイト、オレンジともに勝利することができました。

〝仲間にボールを届ける〟事に対して丁寧にやっていくことを確認し、フィニッシュに移る時には大胆に、守備は〝鉄壁〟とアバウトな指示でゲームイン。

順蹴V 002.JPG

まだまだ、視野の確保、ボールを持っていない時の準備、ボールの受け方と課題は明白でしたが、〝やろう〟としている選手もみられだしてきました。

しかし、まだまだ多くは、パスを出すことで自分の責任を放棄、終わらしてしまい、その次の責任や、役割を自分で見つけていく作業が続きません。

日々の練習で、目的や課題意識を持った取り組みを継続してやっていくしかありませんね。

U-13 瑠伊くんが退院し、学校に行き始めた報告をしましたが、もう一人、長期入院を経験していた太輝くんも、市内のロードレースに参加するまでに回復、年内には順蹴の練習に参加したいと親御さんから連絡がきました。

U-13は、30名の大所帯ですが、みんな個性的で、選手たちの明るさは素敵です。プゥ、お嬢、ET、ボンジュニ、ケロンパ、ヤオコー、タニマール…ニックネームです。

瑠偉は、修学旅行のアメリカ L.Aから帰国しました。そのまま福島に帰ったので、メールで〝帰ったよ〟しか連絡はありません。

$で私からも、嫁からもお小遣いを持って行ったので、ぜいたくな修学旅行になったのではないでしょうか。

手術後の定期検診があるので今月千葉に来るとは思いますが、サッカー部予定では、帰国後次の日から紅白戦が組まれるなど、新シーズンに向けてすでに出発していますので、正月になるかもしれませんね。あっ…あと定期テストもあるのかな。

まぁ、何にしても自分に責任を持ってくれていれば、何でもドンドン チャレンヂをしてくれで結構です。今しかできないことを精一杯やってくれ!

397350_500961789916961_1903830090_n.jpg


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

さぁ 最上級生となりました。 [順蹴FA]

秋も深まりましたね。暦の上では、もう〝冬〟です。私もネックウォーマーなどの冬用装備を引っ張りだしました。

順蹴FA U-14は、来シーズンのビックゲーム クラブユース選手権(U-15)千葉県大会のシード権獲得を目指すリーグ戦の最終節に挑みました。

このゲームに勝利すれば、末席ながらシード獲得となる〝負けられない戦い〟でしたが…

順蹴FA 1-2  ジョカーレ

残念ながら、2勝2敗 得点11 失点7 勝ち点6で3位で終了。クラブユース選手権はノーシードから関東大会代表を目指すこととなりました。まぁ、それはそれで目指すところは一緒なので、ここからです。

順蹴FAU-14の選手たちは、先輩たちが、一応の引退を受けて最上級生となりました。今年のU-14の選手達は、先輩がいない方が良いなぁ と思っている選手が多いのかなぁと感じます。それは、良い意味でも、そして悪い意味でも。

〝負け〟から獲得できることはたくさんあります。いや、負けからでしか学べないこともあるはずです。でも、〝負け癖〟がつくと、これは、学ぶなんてことは考えられず、負けをスッと受け入れ、受け入れた後はそれを忘れてしまったかのような行動になるものです。

今までは、そこに〝先輩〟がいて、何かと突っつかれたり、嫌味な事を言われたり、本人達が望んでいないなかでも刺激になり、負けたことを忘れないような循環がありました。それが、今度は先輩がいなくなると…ジョカーレ戦は私は、残念ながら観戦は出来ませんでしたが、その後の夜錬で彼らと会い、練習風景を遠目から見ていても、まったく何かを感じて帰ってきた感じを受けませんでした。逆に、ミニゲームでも自分を誇示するかのような身勝手なプレーばかりが目につきました。

順蹴 高円宮 惨敗 030.JPG

このゲームの悔しさをわすれないで。

とてもサッカーが大好きで、練習にも休まず参加する選手たちですが、何か変えないとなりません。これから千葉県U-15 1部リーグの新シーズンがすぐに始まります。そのステージで不甲斐ない戦いを続けることは許されません。絶対応援しています。サッカーが大好きなら、順蹴が大好きなら、今一度 自分たちの現状を確かめること勧めます。

順蹴FA U-13は、千葉県U-13 2部リーグ 第6節

順蹴FA 6 (4-0・2-1) 1 PBJ千葉

これで、3勝1分2敗と白星先行です。まだまだゲーム内容には、トレーニングの必要性と、「ランドセルサッカー」からの脱皮の強い意識を持つことが要求されますが、元気に、1日サッカーができる、楽しめる選手たちです。期待しています。

U-13 退院をして自宅復帰となった瑠伊くんが、登校を開始したという報告がありました。また一歩前進です。順蹴に顔を出してくれる日も、そうそう遠くないと思ってしまいます。楽しみです。

順蹴FA U-12  来シーズン 順蹴での活動を希望する小6たちが、すでに50名近く順蹴の体験練習に参加してくれています。

私も一緒に活動するのですが、その中には、「負けチーム ペナルティ」のペナルティを〝なんでこんなことをやるの〟と拒否する子もいます。

まぁすべて私たちの指示に従えば良いというわけではありませんが、15人近く参加している選手の中での取扱いに苦慮します。

私の生業でも、このようなタイプの子が増えていることが実感できます。「そうか、ぢゃあ 今はやらなくて良いよ」的な対応が私の仕事では通例なのですが、こと、サッカーが大好きで、これから逞しい選手になっていきたいと思っているだろうグループの中では、どのような対処がベターなのでしょうか… ん~難しいですね。

539447_500948406584966_1646572212_n.jpg

順蹴FAでは、小学6年生の体験練習参加者を歓迎しています。お気軽にご連絡下さい。

さて、全国高校サッカー選手権の各県大会です。

千葉県大会は準々決勝の結果 流通経済大学柏 vs 市立船橋   柏日体 vs 八千代 という準決勝対戦カードとなりました。

準々決勝では、地元 酒々井町代表の東京学館高校が、王者 イチフナに対して、PK戦まで持ち込む激戦を演じ、惜しくも敗退という結果となりました。

東京学館高校は、この大会を通じて失点「0」。ん~確実に後輩にDNAは継承されました。新シーズンが楽しみです。

順蹴OB 直史くん、哲也くん 誇りに思います。お疲れ様でした。

74734_274777969309821_2030105820_n.jpg

青森県大会では、順蹴初代コーチ 河合〝マルニイ〟監督率いる八戸工業大学第一高校が、決勝で、青森山田高校と対戦。全国切符は、青森山田高校にわたりましたが、大健闘の戦いでした。これもまた誇りですね。

福島県は、聖光学院が初代表となりました。尚志高校を撃破した福島工も良く戦いました。

大会優秀選手に尚志高校から、皿良キャプテンと、DFの要 金子選手が選出されました。

149731_146525668813471_100003681178810_183768_1701823188_n.jpg

瑠偉は、修学旅行でL.Aです。まぁ、完璧にリフレッシュして、今度は最上級生として、更なる自覚をもって欲しいと父からの期待です。


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高校サッカー選手権 県予選 佳境ですね。 [コメント]

第91回 全国高校サッカー選手権大会の県大会も、それぞれの県でベスト8以上が確定し、代表の座をめざした戦いが佳境に入ってきます。

我が千葉県は、明日からがベスト8の戦い。

母校 八千代高校は、4日に、船橋北高校との対戦です。八千代には、順蹴でジュニア時代を過ごした選手が2名登録されています。会場が鴨川市市陸上競技場 10時30分キックオフです。

20120625125437.jpg

順蹴と本拠地を同じ酒々井町にする東京学館高校は、選手権王者 市立船橋高校に挑戦です。4日東総運動場 13時30分キックオフです。

554672_215570161897269_2111543323_n.jpg

東京学館 キャプテンの直史くん、ストライカー 哲也くん、暴れん坊 舟くんと順蹴OBが主力を担います。是非 ジャイアントキリングを達成しましょう。

流通経済大学柏高校vs中央学院高校、柏日体vs敬愛学園と楽しみなカードばかりです。

準決勝は11月11日、決勝は11月18日です。千葉県の代表はどこになるのでしょうか?

愚息 瑠偉の在学する福島県 尚志高校。90回大会はベスト4の大活躍。今大会もインターハイベスト16と、前回大会に続き、全国大会での活躍を期待していましたが…。

準決勝 vs 福島工高との対戦で、3-4の結果で準決勝敗退。全国大会への出場は叶いませんでした。

雨の中、前半に2点を先制され、普段とは違うスティエーションでのサッカーとなってしまいました。

それでも、後半ロスタイムに、キャプテン 皿良くんのハットトリックのゴールで同点で、延長突入し流れは尚志かと思いましたが、そこは、サッカーは相手のあるスポーツ。

延長後半タイムアップ寸前に、尚志クリアーボールからのカウンターで痛恨の失点 そのままタイムアップとなりました。

福島県大会決勝は、福島工高vs聖光学院というカードです。どちらが代表となっても、福島県代表として、大活躍をしてくれること期待しています。

尚志高校3年生の皆さん ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。次のステージでの活躍 期待しています。

61170_333629056733107_1993387422_n.jpg

そのゲームの翌日 昨年度の主力の一人である 金田一樹くんと食事をする機会がありました。

530791_299267513511613_950987944_n.jpg

一樹くんも、準決勝のゲームを現地まで応援に行ってくれていたとのこと。ゲーム内容については、「ほんとうの力がたりなかった。」と話していました…ん~深い。

瑠偉は、サポートに回っていたという事で、裏でてんてこ舞いで、負けたことも何が起こったのかわからなかったと話していました。

3年生が引退で、はやくも最上級生です。自覚を持って頑張れ! 11月5日からは修学旅行 L.Aだそうです。

千葉、福島以外の県も、素晴らしい戦いが続き、各地で〝強豪〟〝本命〟と言われていた学校でも、次の戦いに臨めない結果がでているようです。

私の友達(先輩)の息子の学校も東京都予選で、敗退だそうです。こちらも2年生 新年度は瑠偉との対決が実現できれば、親同士 楽しみが増えますけど…。

青森県では、初代順蹴コーチ 河合監督率いる八戸工大一が、準決勝進出です。〝マルニィ 頑張れぇ!〟って選手が主役ですね。

538415_194917350621334_239152206_n.jpg

インター杯の覇者 三浦学苑の敗退があった神奈川県も興味深いですね。

順蹴コーチOBが関わる新潟県 開志学園JSC はベスト4で新潟工と対戦。

静岡県大会も明日開幕ですね。

ん~ 楽しみです。ライブで観てみたいゲームばかり。

539447_500948406584966_1646572212_n.jpg


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。