So-net無料ブログ作成
検索選択

   Number 28

Number28

高円宮杯 順蹴FA 1回戦完敗 [順蹴FA]

高円宮杯 千葉県大会 決勝トーナメント 1回戦

順蹴FA  2 (0-2・2-4)  6  JSC千葉

正に完敗。相手の個人技に屈した屈辱は、次への糧です。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 005.JPG

2012 高円宮杯1回戦 JSC 009.JPG

前半の入りは、相手も順蹴やり方を確認するような静かな動き。

その中でファーストチャンスは順蹴。 左サイドを歩くんが突破し、右サイドの上がりを感じて、スルーパス。予測通り、右サイドバックの豊くんが走り込み、GKと1対1のスティエーション! 決めきれず。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 014.JPG

最近のゲーム ことごとく、このファーストチャンス それもビッグチャンスを決めきれていません。これは、もちろん先制点というゲームに大きく影響を及ぼすものもありますし、チーム勢いや、自信、相手へのプレッシャーetc 大事です。

その後、相手は、両サイドにボールを配給し、個人のスキルで相手が2人なら自分で、3人なら2人で…と数的な不利な状況をあえて作りながら、その状況を打開することで、今度は、ゴール前の数的有利な状況にボールを運ぶことを繰り返してきます。

特に順蹴右サイドは、執拗な縦へのドリブル突破に晒され、豊くんがCBと平行線上に並ぶような〝下がった〟ポジションにさせられてしまいます。

そうした中、豊くんと対峙したプレーヤーが縦と横のゆさぶりを掛けながら、中に切れ込んで右足一閃 DFにボールが当たったことでコースが変わりGK悠斗くんも反応できず失点。

この場面、中に入ってきたプレーヤーに対して、カバーのポジションに入ることが遅れてしまいました。それも、ゴール前で数的に不利な状況が出来上がり、CBが2人をみることとなってしまっていたために、ほんとうに一瞬遅れてしまいました。

その後、失点で目が覚めたように、歩くんを中心に、耕平くん、彩人くんが相手DFに挑んでいきます。そこにサイドバックが絡んでいきたいのですが、どうしても、外に張り出す相手FWに注意をしないといけないこともあり、遅れてしまいます。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 018.JPG

そうした一進一退の中で、またもや順蹴右サイドからの失点場面と同じようなドリブルに対して、一度は絡め取りクリアーの対処ができる場面であったところを、相手の寄せがはやく、いったん持ち直した瞬間にかっさわれて、再びドリブルを仕掛けられたところをファールで倒してしまいPK。それを冷静に決められて、前半0-2。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 027.JPG

ハーフタイムの三戸代表からの指示は至ってシンプルで、「サッカーの2-0は次の1点で状況が変わること」 「ドリブルに対しては観るのではなく、身体を合わせていくこと」

2012 高円宮杯1回戦 JSC 030.JPG

選手達は、それぞれが確認しながら、次の1点に対して集中力を高めていきます。

しかし、後半開始5分で、その1点が動いたのは相手。大きなサイドチェンジから、ドリブルを仕掛けられ、こぼれたところをミドルで叩き込まれてしまいました。

後半は、滉平くんをボランチに上げて、さとしくんをCBに、右サイドに健太郎くんで、サイドをケアしながら、攻撃の起点を増やし、卓哉くんをFWに入れてスリートップ気味のポジションで機先を制したかったところですが、相手に上手に「開始の5分」をつかわれてしまいました。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 020.JPG

0-3。こうなれば、攻めるしかありません。サイドバックも高いポジションを取り、リスク承知で、まずは追撃点をチーム一丸となって獲りに行きます。

しかし、またも得点は相手。右サイドからのパスミスからのカウンターから、相手のエース格の選手がペナルティエリア内にドリブルで侵入。

CBが対応し、動きを止めたかに見えた、その瞬間にふり幅の小さなチップキックで、GK悠斗くんの頭上を越える芸術点があるなら、10点満点に近いゴールを決められてしまいました。これには、会場から「おぉ~」という感嘆の声が上がりました。

それでも、順蹴選手は、下を向くことなく。今までやってきた練習、三戸代表に教えられてきた〝勢いのあるサッカー〟そして、チームで戦うことにまったくブレはありません。

そうした中で、素晴らしいボール奪取からの速い攻撃で、歩くんからのセンターリングを滉平くんが決めて追撃。

相手ツートップに順蹴CB 勇志くん、さとしくんが対応し、GK悠斗くんが高い位置で〝余りなし〟のポジションで徹底的に高い位置でボールを奪取に行く順蹴。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 038.JPG

その勇敢な順蹴を引っ張るのは滉平くん。〝絶対に歩くんにつなぐんだ〟というチームの気持ちが伝わってきます。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 016.JPG

ようやく、中盤を制することのできた順蹴は、泰輔くんのFKから加点。この泰輔くんのFKも素晴らしいのは高く評価したいのですが、そのファールをとったプレーでの、選手たちのボールへの寄せの速さ、動き出しは練習の成果が感じられました。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 024.JPG

その後、カウンターから2失点 ゲーム終了時には堅守の順蹴が6失点という結果で終わってはしまいましたが、中盤でのボールのせめぎ合いは、順蹴に勢いがあったと感じています。

ゲーム終了後、選手たちは、ゲーム前に抱いていた希望的予測とのギャップ、そして、3年間(まだ2年半ですが…)の順蹴生活の回顧、または自分の不甲斐なさに号泣していました。

結果はうけいれなければなりません。でも、彼らのサッカーライフははじまったばかりです。次のステージで、この経験がどのような形で活かされていくのか…いや活かさなければなりません。

3年生 20名。瑠偉が3年生の時の1年生ですから、ほんとうに小学校を卒業した可愛い頃から、良く知っています。

妙高合宿も3年間一緒に行きました。

ほんとうに気分の良い選手ばかりで、その屈託のない笑顔や、一生懸命さに私はいつもパワーをもらっています。

今日も、ゲームに出場した選手、ベンチで懸命の応援をしていた選手 立場はそれぞれでしたが、目的を共有できていて、素晴らしいグループになっていました。

結果は受け入れましょう。でも、次に活かすだけ。三戸代表がいつも話をしているように『結果だけで一喜一憂していては、次への進歩がない』 それだけです。

2012 高円宮杯1回戦 JSC 012.JPG

これから高校進学に向けて、受験への取り組み、チャレンヂとなりますね。心配はしていません。きっと、みんなの将来には大きな笑顔で、またサッカーに取り組む姿がみえますよ。

三戸代表 今年も素晴らしいチームをありがとうございました。

3年生 これからです。明るく、朗らかに、そして逞しく。


nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

高円宮杯に向けて全員一丸です。 [順蹴FA]

順蹴FA 3年生にとっては、最後の公式戦 高円宮杯が今週 土曜日に開幕です。

高円宮杯 千葉県大会決勝トーナメント 1回戦

順蹴FA vs JSC千葉

9月29日 15時キックオフ 成東総合運動場

集大成の大会です。〝順蹴愛〟で勝利に向けて、チーム一丸となって挑みましょう。絶対に負けられない戦いです。

先週末は、近隣中学校(県大会でも好成績をあげている勢いのあるチーム)と、クラブチームの3つのチームが集まってTMがありました。

会場は中学校のグランド。ちょっとピッチの大きさが全体的にいつもより小さい事に対してアジャストできず、パスが流れてしまったり、GKボールになったりと上手くいかずに攻撃面では1点。

守備は、波状なく〝鉄壁〟をつくっていたのですが、終了間際に、ゴール前の混戦から、クリアーが小さくなったところを見事なミドルシュートを叩き込まれてしまいました。

その場面では、まぁクリアーの質もそうですが、クリアーが小さくなった(ミス)後の寄せのスピード、反応に反省点がありました。誰が行くのか、〝行かないとダメだ〟という強い気持ちを持って対処できるか修正しましょう。

2試合目は、ピッチの大きさにも順応し、5-0で快勝。相手にテクニックのある中盤と、スピード自慢のFWの選手がいましたが、しっかりとボランチ、CB、サイドバックが連携して、メリハリのあるディフェンスをみせてくれました。

ただサイドバックの裏を狙われるボールに対して、もう少しやり方を工夫してみても良いと感じました。

サイドバックのレギラー争いも熾烈です。右は、堅守強身の健太郎くん、賢守協調力の智哉くん、スピードスター豊くんとそれぞれの特徴のある選手がそろいました。左は、野生児〝ジョージ〟 祐斗くん…いやいや、豊くん、気合(…空回り)琢磨くん、カバーリング名人〝トゥータ〟 登太くんも怪我から復帰し狙っています。

しかし、選手たちの集中力、順応力の高まり、成長を強く感じることのできたゲームとなりました。

順蹴2012妙高合宿 218.JPG

また、〝B戦〟のゲームの後に計画して頂き、サブの選手、U-14の選手達のモチベーションを高めることができました。

特に3年生には、危機感と、レギラー奪取に向けて、もう一度気持ちを昂ぶらせるためには非常に嬉しいプランでした。

U-15リーグ 最終節 ルキナス印西 008.JPG

その中で、最終の2試合 相手は中学1年生のチーム編成となっていました。

もちろん順蹴FAは、U-14以上で明らかに実力差はゲーム前から明らかでした。ん~どうなることか…と思っていました。

予想通り、ゲーム内容は、〝1分に1点〟的な大雑把なゲームとなりましたが、順蹴FA選手は誰一人 相手を見下したし、おちょくるようなプレー、言動は一切なく、自分たちの〝形〟を全員で求めるサッカーをしょうとし続けていました。

三戸代表がいつも口にする『相手を尊敬する。』気持ちが定着してきたことを感じ、とても嬉しくなりました。

相手の中学校の先生も、そんな順蹴FAの選手達の姿勢に対して高く評価してくださっていました。また、自発的に主審や副審を担当する姿勢なに対しても、自チームの選手たちに、その姿勢を説明しながら、『見習う』ことを促してくださっていました。

地域でも、そのような『順蹴スタイル』が評価されることはとても嬉しい事です。まだまだ、順蹴FAの選手達もオフザピッチで〝お子ちゃまだなぁ〟と感じることは山ほどありますが、ほんとうに順蹴FAの中で、良い成長をしています。

いよいよ高円宮杯です。一丸となって、〝勝利〟を掴み取りましょう。

順蹴2012妙高合宿 219.JPG

さて、順蹴FAU-13は、千葉県U-13 2部リーグ 第5節 vs 柏ラッセル戦を戦いました。

順蹴FA 3 (2-1・1-2) 3 柏ラッセル

錬ヘッドコーチによると、『前半2点を先行したものの、守備の構築が不安定で、その後失点を重ねてしまった。後半逆転されたが、終了間際にカウンターから同点に追いついた。』というゲームだったとのこと。

『堅守』の順蹴の看板が…。いやいや、まだ1年生 まだまだトレーニングも浸透していない中で良くやっている。

これで、2勝1分2敗の勝ち点7。あと残り3節。まずは、勝ち越して、その上を目指しましょう。

順蹴2012妙高合宿 068.JPG
入院中のU-13の選手が、自力で車いすに乗って、食事(まだまだ御粥ですが)も頑張っ
てとろうとしているという報告がありました。

彼の名前は私の愚息と同じ(漢字が一字違うだけ)で、妙高合宿の登山も、すべての行程を一緒に歩いた選手で、私としても思い入れのある子です。

まだ本人には、会うことができない状況ですが、その報告をきいて、近い時期に、きっと顔を見てお見舞いと励ましができることと思っています。

頑張れ! 瑠伊! みんなが応援している。元気になってサッカーをしょう!

536705_266709016756494_100002521947418_601114_434688305_n.jpg


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

良い準備をしょう! 瑠偉も順蹴も… [コメント]

瑠偉が、術後の定期検診のために帰葉していました。順蹴FA

お陰様で、術後経過は良好で、完全復帰が可能になりました。さぁ、焦らず、自分らしく、またサッカーに対して真面目に、そして楽しく、そして力の限り挑んでいきましょう。

千葉に居る間、順蹴の後輩たちの練習にも参加していました。

現在の順蹴FAの3年生は、瑠偉が中3の時の1年ですから、まぁ、負けられない気持ちも強い中での参加で、センタリングシュートでは、〝得意の(…それしかないのですが)〟右足からのボールで、歩くん、滉平くんの頭にドンピシャで合わせていました。

ハーフコートゲームでは、右サイドから、ロングシュート1本と、ボランチに入って〝キラーパス〟を披露していました。とても楽しそうに後輩達とサッカーをしてました。

尚志高校でのサッカーがすでに沁みついているようで、ボールポゼッションを目的にした良い準備の継続は、本人の力がついたことを感じました。まだまだ、足元のテクニックだとか、左足のキック、スピードと山積みな部分もありますが、〝思い切りの良さ〟と〝走り負けない体力〟という自分のセールスポイントを活かして、〝尚志旋風〟の一員になって欲しいなぁ…というのが父の気持ちですが、まぁ焦らずやってください。

帰りには、〝CDを焼いたから〟と1枚置いていきました。なかなか良い選曲で、車の中で聴き入っています。

さて、順蹴FAは、公式戦は、千葉県U-13 2部リーグ 第4節

順蹴FA U-13 5 (2-0・3-0) 0 ポカルス

これで、2勝2敗と星を戻しました。まだまだ、逞しさには欠けますが、やろう!としていたり、気づき始めた選手は、チラホラ出てきました。

9月22日は、強豪 柏ラッセルとの戦いが計画されています。

この戦いで、順蹴U-13FAの現状が明らかになると思います。勝ち負けになってしまいますが、それ以上にゲームへの臨み方、準備の仕方に対して、もう一度、選手一人ひとりが見直してみると良いですね。

〝ただなんとなく来た〟は絶対ダメです。目的、目標、求めるものをもって練習、ゲームです。

高円宮杯 千葉県代表を目指すトップチームは、茨城県のライバル リベルタ、千葉県の強豪 ヴェルディレスチとのTMでチーム力の確認と、レベルアップを目指しました。

GK悠斗くんは、もう〝悠斗しかいない〟という存在で、正に守護神になってくれています。悠斗が中1で入ってきた頃を思い出すと、これぞ『成長』を感じます。

順蹴8 003.JPG

まぁ、例年 順蹴FA GK陣は、ほんとうに良い成長をして卒業をしていきます。4年前の正GK 純平くんは、今や千葉大学学生となり、順塾を手伝ってくれるまでになっています。

順蹴FAでは、来春中学1年生となる選手達の『体験練習会』を9月から開始し、すでに30名以上の元気で、サッカー大好きな小6 選手が、ジュニアユースの練習に参加しています。

GKも今から、トレーニングができます。GKを目指す選手 順蹴FA練習会に参加しましょう!

…話は戻りますが、いくらGK悠斗くんが奮起しても、DFの構築や、意思疎通ができないと失点は防げません。守備は〝鉄壁〟でないとダメなんです。

順蹴8 008.JPG

このTMでは、少し失点が気になりました。ボランチを含めたDF陣は、すでに気づき、感じて、自分たちで対策し、トレーニングをしています。

きっと、高円宮杯では〝鉄壁な〟DFで、堅守の順蹴の甲板をさらに高めてくれることと思います。

攻撃陣は、エースに頼りっきりから、少しずつ脱皮しつつあります。

順蹴8 010.JPG

今日のレスチとのTMでも、ツートップのもう一人が2点、2列目の選手が1点とゴールを経験し、チームとしてのバリエーションを獲得しつつあります。

順蹴8 013.JPG

高円宮杯(U-15) 千葉県大会 決勝トーナメント1回戦

順蹴FA vs JSC千葉

開催日:9月29日(土)  15時30分キックオフ

会場:成東総合運動場 

応援 よろしくお願いいたします。

524363_334706293286035_1603176963_n.jpg

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

千葉県U-15 1部リーグ 順蹴 7勝5敗でフィニッシュ [順蹴FA]

順蹴FA夏休み明け一発目は、千葉県U-15 1部リーグ 最終節でした。

U-15リーグ 最終節 ルキナス印西 005.JPG

順蹴FA 5  (2-0・3-0) 0  ルキナス印西

最終節を勝利で飾り、これでリーグ戦 7勝5敗 勝ち点21で、現在5位(暫定)です。

リーグ開始当初は、連敗で2部降格も心配するような中、リーグ戦の目的通り、徐々にチーム力を高め、最後の3試合は見事なゲーム運びで3連勝でリーグを締めくくりました。

これで、来年度も1部リーグで戦えることができます。ありがとう。

このゲーム。ゲーム出場時間が限られてしまっている選手達の奮起を期待するとともに、高円宮杯に向けて、もう一度意欲を高める目的で、三戸代表はスターターに普段とは違うメンバーを揃えました。

U-15リーグ 最終節 ルキナス印西 010.JPG

前半は、スターターに起用された選手が空回り気味で、攻撃も守備も中途半端な展開の中、エース歩くんが、自ら得たPKを決めて先制。これで、選手たちの肩の力が抜けました。

U-15リーグ 最終節 ルキナス印西 016.JPG

前半のうちに、サイド攻撃からの相手GK前の混戦から郁海くんが決めて2点目。

郁海くんは、まだまだ身体が弱くて、対人の強い当りを避けてプレーする場面もみられていましたが、このゴールは、相手GK前の混戦に自分からもぐりこんだあとは、持ち前の高い技術でゴールを奪って見せました。このプレーです。あるときには相手の中に飛び込んでいくプレーを獲得して、高校年代のサッカーを続けられればGOODですね。

スターターに起用されながら、前半途中で交代となった吉尚くん。抜群の高さがありながら、これもまた相手の中に飛び込んでいく勇ましいプレーの獲得が必要ですね。先日のアブレイズとの練習ゲームでは、できていただけに残念です。もう一度見直したいですね。

U-15リーグ 最終節 ルキナス印西 017.JPG

後半からメンバーを代えて、もっともっと逞しい戦いを望みましたが、得点は歩くんのゴールだけ。ほかの選手の奮起を期待せずにはいられません。

特に、順蹴のサッカーは、〝堅守速攻〟。みんなで力を合わせて守ったボール、奪ったボールを、先ずは前線の選手に預けていきます。預かった選手は簡単にボールを失ったり、奪われてはいけません。

みんなの力の結集を預かったんだという強い気持ちでプレー…言いすぎですかね が必要ですね。

吉尚くん、卓哉くん、耕平くん、彩人くんあたりでしょうか。簡単ではない役割です。でも遣り甲斐はあるはずです。

このゲーム。2年生が県リーグにデビューしました。パワーが持ち味の智之くん、スピード自慢の龍也くん、GK昴大くんは嬉しいデビューでしたが、内容は、いっそうの練習と、心の強さが求められていることがわかったと思います。

U-15リーグ 最終節 ルキナス印西 027.JPG

U-15リーグ 最終節 ルキナス印西 030.JPG

U-15リーグ 最終節 ルキナス印西 025.JPG

さぁ 高円宮杯です。初戦は、クラブユース選手権でも戦い、非常にファイティングスピリットと、ドリブルテクニックがあるJSC千葉との初戦となりました。

相手の名前は気にすることはありません。まずは、自分たちが3年間 順蹴FA 三戸丸 に乗り込んで、鍛えた、教えられた事を発揮することに全力を注ぎましょう。

そして、全員で勝利を目指しましょう。私も全力でサポートします。

順蹴2012妙高合宿 209.JPG

順蹴FA 1年生は29名所属です。現在 その中の3人はサッカーをしたくてもできません。

一人は、中学中学前の事故により、現在リハビリ中。ようやくボールが蹴れるまでになったようです。もう少しです。

一人は、母親の病気。まだ13歳 心のダメージは相当なものでしょう。ここのケアをしながら、サッカーに戻ってきてほしいです。

一人は、現在入院中です。まだNICUでの治療が続いています。家族の皆さんも全力で治療をサポートして頂いています。ぜったいに良くなります。回復します。またサッカーができます。信じています。

順蹴2012妙高合宿 108.JPG

ふつうにサッカーができていること、できることに感謝しなければなりません。

だから、今できることを妥協せずにできなければなりません。

それは、今サッカーのできない仲間のためにだもあります。

絶対に仲間は戻ってきます。その時に、恥ずかしくないように迎える側は、もっともっと逞しくなっているよう努力しましょう。

1年生たち、最近は、ダメダメばかりで、シャキッとしませんが、仲間のことを考え、行動できる素敵な人間性は持ち合わせているのですから、人のお尻ばかり追って同じ事をしないで、自分から、自分の思いをもって行動しましょう。

それが間違っていても、へっちゃらです。次に失敗しないようにすれば良いだけです。

9月9日は、千葉県U-13 2部リーグのゲームが計画されています。もう負けられません。いや、気持ちの入らないゲームはいりません。

下手くそでも、まだそれで良い…いやそれが現実なのですから、気持ちの入った、逞しさを感じるゲームを期待します。

547233_232780123511743_1005485725_n.jpg

nice!(16)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。